バナー
本文へジャンプ  

 

楽団プロフィール

湘南弦楽合奏団の音楽づくり、レパートリーなどをご紹介します。

湘南弦楽合奏団 Shonan String Ensemble
 湘南弦楽合奏団は、1978年に設立されたアマチュアの弦楽オーケストラです。湘南地方で活動しており、年1〜2回の定期演奏会を地元の鎌倉芸術館や横浜みなとみらいホールなどで行なっています。
→ 定期演奏会の動画(YouTube)
規模・編成
 団員数は 30名。弦楽器のほかにチェンバロが1名います。古典派のシンフォニーなど、若干名の管楽器が入る曲を演奏するときは、管楽器のエキストラ奏者を加えることがあります。
.
音楽づくり
 プロの指揮者のもとで音楽づくりをしています。演奏会に向けての練習期間は約8ヶ月ですが、前半4ヶ月は団員だけで曲をつくります。団員ひとりひとりの音楽性を大切にします。後半4ヶ月は指揮者と一緒に音楽のイメージをまとめ上げてゆきます。現在の指揮者は三河正典先生で、1997年以来20年間に渡って音楽的な指導をしていただいています。 
→ 指揮者紹介
レパートリー
 レパートリーは、バロックから近現代まで。弦楽合奏曲が中心ですが、若干名の管・打楽器を加えた室内オーケストラ曲を演奏することもあります。あまり知られていない曲でも、よい曲があれば積極的に取り上げます。演奏会の曲目は団員が全員参加で選曲します。 
→ 過去の演奏会
夏合宿
 毎年夏に清里で合宿を行なっています。さわやかな高原での合宿です。練習の合間には、みんなで観光や散策、ショッピングなどを楽しみます。
→ 夏合宿


   更新日 2017年4月29日