バナー
本文へジャンプ  

 

指揮者紹介

1997年より22年間にわたって当団をご指導いただいている、
指揮者の三河正典先生をご紹介します。

三河正典 (みかわ まさのり)
三河正典
 東京藝術大学音楽学部作曲科、および指揮科に学んだ後、パリ・エコール・ノルマル音楽院に留学し、満場一致の首席で卒業。

 作曲を、北村 昭、佐藤 眞、近藤 譲、池野 成の各氏に、指揮を、小林研一郎、松尾葉子、ドミニク・ルイッツ、秋山和慶、河地良智の各氏に師事。さらにムスティスラフ・ロストロポーヴィチ氏の下で研鑽を積む。

 第4回ブルー・ダニューブ国際オペラ指揮コンクール第4位、審査員特別賞受賞。ブルガス歌劇場にてヴェルディ作曲「椿姫」を指揮。ルセ歌劇場にてビゼー作曲「カルメン」、プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」を指揮。

 これまでに、日本フィルハーモニー交響楽団オーケストラ・アンサンブル金沢読売日本交響楽団京都市交響楽団仙台フィルハーモニー管弦楽団群馬交響楽団名古屋フィルハーモニー交響楽団、サンクトペテルブルグ交響楽団、ロシア・トムスクフィルハーモニー交響楽団、サンクトペテルブルグ・カルペ・ディエム室内管弦楽団、パザルジク交響楽団(ブルガリア)、浙江交響楽団(中国)など、国内外のオーケストラに客演する他、小田原フィルハーモニー交響楽団VOCE-SONARE(合唱)、湘南弦楽合奏団の指揮者を務めている。また、新国立劇場二期会をはじめとするオペラ公演や、サイトウキネンフェスティバル、アルゲリッチ音楽祭などで合唱指揮者、アシスタントコンダクターとしても活動している。

 2005年〜2007年、日本フィルハーモニー交響楽団指揮研究員。現在、東京藝術大学指揮科、および東京音楽大学・同大学院指揮科、声楽科(オペラ)講師を務め、後進の指導にもあたっている。


三河先生編曲の合唱曲集が出版されました。
先生が日本各地の合唱団との活動の中で制作、演奏されてきた曲に加筆、修正を施して、混声4部、女声3部用のメドレー曲として仕上げられたものです。

 混声合唱のための「海百景 山百景」 三河正典編曲 2018年 カワイ出版
 女声合唱のための「海百景 山百景」 三河正典編曲 2018年 カワイ出版
 


   更新日 2019年1月26日